隠れた魅力種!ラバーボアの生態と飼育方法

スポンサーリンク

ラバーボアの飼育方法


写真:サウリア守口店

今回紹介するのは、国内外で高い人気を誇るラバーボア。

ラバーボアの名前に違わず、滑らかでゴムのような感触をしているのが大きな特徴です。

見た目は地味ながら人気が高く国内への入荷が強く望まれてはいます。

ですが、サイテスⅡ類に掲載されていることがネックとなりあまり輸入されないのが現状です。

飼育自体は比較的容易で、なおかつ動きも速くないので扱いやすいです。

高価ですけどめちゃくちゃ買いたくて、もしもショップで見かけてしまったら即購入するべきですね。

ただ、飼育をする人には、ぜひぜひ繁殖を目指して国内CBの流通を増やしてほしいです!!

スポンサーリンク



ラバーボア 基本データ

写真:サウリア守口店

学名Charina bottae

英名:rubber boa

分類:ボア科 スナボア亜科 ラバーボア属

全長:最大80㎝程度、平均38~60㎝

分布:北米の西部からカナダに生息

ボアの仲間の中で最も北に生息している種だといわれている。

寿命:通常12~20年程度、50年以上生きた個体もいる

価格:150000~180000円前後

特徴や生態

通常、体色は褐色から暗褐色で腹面はそれよりいくらか明るい色をしている。

オリーブグリーン、黄色またはオレンジ色の体色をしている個体もいる。

ベビーはピンク色で少し透明に見えるが、成長とともに暗くなる

海抜3000m以上の草地、牧草地、砂地から落葉広葉樹、
針葉樹などの様々な環境に生息することが知られている。

岩石、丸太、砂利、砂利などの下で普段生活を送っている。

頭部に似た丸みを帯びた尾を持ち、危険が迫ると尾を上げ鎌首のような動きをする。

相手に尾と頭を間違わせ致命傷を受けないようにするためである。

しかしながら多くの捕食者(猛禽、コヨーテ、アライグマ、ネコなど)
に対しては効果がないらしい。

地中性が強い。

ラバーボア 飼育環境

飼育に必要なもの

  • 飼育ケージ
  • 遠赤外線ヒーター
  • 床材
  • 水容器
  • ウェットシェルター
  • エサ

以下で一つ一つ説明していきます。

飼育ケージ

一般的にヘビの飼育にはとぐろを巻いた時の3倍の面積が必要と言われます。

ラバーボアはそう大きくならないボアですので特大サイズのプラケース程度で飼育できるでしょう。

プラケースで飼育するのが味気なく感じる人や少し手狭に感じる人は爬虫類用ガラス水槽や熱帯魚用水槽を選択するのももちろんありです。

これは確かめてはいませんが、近縁種であるサンドボアは鼻先の力が強く蓋を開けてしまうことがあるのでラバーボアの飼育の際には蓋がしっかりしてるものを使用するといいと安心です。

砂漠に潜むモンスター!ケニアサンドボアの飼育方法
ケニアサンドボア サウリア守口店 今回紹介するのは、砂漠にすむ狡猾なハンターであるサンドボアの一種、ケニアサンドボアです。 そ...
温度(遠赤外線ヒーター)

ケージの床面1/3に遠赤外線ヒーターを敷き、28~30℃程度に保温します。

それ以外の場所は20℃前後にし、温度変化を設けるのがベストです。

秋から冬にかけて絶食することがある

”秋になって急に食べなくなったら、急激に痩せない限り、むしろ温度を上げたりせず、そのまま冬眠させてしまう方が体力の消耗が少ない。(中略)もし拒食したら、温度を下げて春まで寝かせてしまうのが安全。”

(引用:ビバリウムガイドNo.62)

もし冬眠を始めてしまったら水だけはしっかりと与えることを忘れないでくださいね。

床材

キッチンペーパーやペットシーツ、アスペンチップ、ヤシガラ土など基本的になんでも大丈夫です。

ただ、ある程度の湿度がある環境を好むため、いくらか湿度を保てる素材である方がベター。

潜る姿を観察したい方は床材をヘビの厚さぐらい敷くといいでしょう。

ウェットシェルター

湿らせた水苔を入れたタッパーがベストです。

水苔はびしょびしょではなく、しっかりと絞ってあげてください。

あまり湿っていると皮膚病の引き起こしてしまう恐れがあるからです。

水容器

体全体が入る大きさの水容器を設置する。

脱皮などのために体を浸けるほか、飲み水としても利用するので毎日水は交換する。

エサ

体の大きさに合わせて冷凍ラットや冷凍マウスを解凍して与えます。

ボアの仲間ということもあり、同じ大きさのナミヘビの仲間よりは大きなエサをのみこむことができます。

参考

ビバリウムガイドNo.62

NATUREGUIDE SNAKES AND OTHER REPTILESE AND AMPHIBIANS

海外サイト

スポンサーリンク

フォローする!