ボールパイソン飼育の初期費用は?ケージの大きさは?電気代は?エサ代は?

スポンサーリンク

ボールパイソンの初期費用

ランニングコスト

写真:サウリア守口店

-目次-

1.飼育に必要なものと初期費用

2.エサ代はどれくらい?

3.電気代は高いの?

4.ボールパイソンの値段

5.寿命はどれくらい?

1.飼育に必要なものと初期費用

初期費用はおおよそ

ボールパイソンの飼育に必要なものは主に、下記の4つ。

  • 飼育ケージ
  • 遠赤外線ヒーター
  • 床材
  • 水容器

購入した生体のサイズや使用するケージの種類によって値段は異なります。

が、多くの方がベビーから飼育すると思うのでベビーのもので考慮したいと思います。

それでは内訳をみていきましょう。

-飼育ケージ-

多くの方はベビーから飼育すると思います。

一般的に、ベビーには30~40cm程度の大きさのプラスチックケースが用いられるのでその値段で考えます。

プラスチックケース:1500円

-遠赤外線ヒーター-

ケージの一部分にヒーターを敷いて温めてあげます。

【ピタリ適温プラス1号】という商品、値段は2000円。

-床材-

ペットシーツやウッドシェイブが用いられます。

ペットシーツ :1000円

ウッドシェイブ:400円

-水容器-

タッパー:百円ショップで100円

合計金額

以上を計算すると4000円程度から飼育を開始できます。

基本的な飼育方法についてはこちらをご確認ください。

入門種!ボールパイソンの飼育方法/大きさは?価格は?ハンドリングできるの?ケージの選び方は?
ボールパイソン 写真:サウリア守口店 -目次- ①ボールパイソンの紹介と魅力 1.飼育難易度の低さ 2.品種の多様性 ...

2.エサ代はどれくらい?

冷凍ピンクマウスは10匹500~1000円程度で購入可能です。

ベビーのうちは1週間に3回1匹ずつ与えるとして、ベビーのうちは月1500円程度です。

アダルトになると与えるエサの大きさや単価は大きくなりますが、あまりエサを食べなくてよいのでエサ代は1500円からそう上がることもありませんね。

3.電気代はどれくらい?

上のピタリ適温プラス1号の消費電力は4~7wです。

1kWh27円で7Wを24時間1カ月間使用したとすると、約136円です。

思ったより安いですよね?

4.ボールパイソンの値段

品種によってかなり値段が上下します。

イベント価格でノーマル個体であれば3000円程度から購入可能です。

珍しい品種ですと何十万円することもあります。

最安値3000円程度とかなり安価ですが、やはり多少値段が上がっても自分の好みに合う個体を選びたいところですね。

5.寿命はどれくらい?

しっかり飼育していれば20年程度生きることが知られています。

初心者にもおすすめのヘビですから、かな~り丈夫!

大事に飼育してあげてください。

スポンサーリンク

フォローする!