ミズオオトカゲの魅力と飼育・注意点/価格や寿命は?大きさは?懐くの?

スポンサーリンク

ミズオオトカゲ


写真:サウリア守口店

目次

➀ミズオオトカゲの紹介と魅力

➁飼育環境の作り方

➂最後に(懐くのか、危険性などについて)

➃他のオオトカゲ記事紹介

①ミズオオトカゲの紹介とその魅力

今回紹介するのは水辺に生息するオオトカゲ、ミズオオトカゲです。

タイの公園では、日本の鯉並みに生息していて最近大量の捕獲が行われたと少し話題になりましたね。

大きく成長すると2m近くになるので大迫力ですし、とても格好いいです。

こんな恐竜みたいな生き物が間近で観察できるなんて、贅沢の極み!

まさに、ジュラシックパーク!

恐らく届け出などの申請なしで飼育できる、最も大きなトカゲです。

最終的にはとっても大きなケージが必要になります。

一部屋明け渡すくらいの覚悟で、大きくなっても飼いきれるかよく考えてから飼育に踏み出しましょう。
スポンサーリンク



-ミズオオトカゲ 基本データ-

*別名:サルバトールモニター

学名:Varanus salvator

英名:Common water monitor

分類:オオトカゲ科 オオトカゲ属 ミズオオトカゲ亜属

分布:インド(アンダマン諸島)、カンボジア
スリランカ、タイ、中国、ベトナム、マレーシア
ミャンマー、ラオス、インドネシア、シンガポールなど

全長:大型個体で250㎝、平均は160㎝。

大陸産のものの方が大きくなるとされます。

寿命:10~15年程度

価格:10000円~

②飼育環境の作り方

飼育に必要なものです↓

  1. 飼育ケージ
  2. ヒーター
  3. バスキングライト
  4. (爬虫類用サーモスタット)
  5. (エアコン)
  6. 水容器
  7. 床材
  8. エサ
  9. カルシウム剤

以下で一つ一つ説明していきます。

飼育ケージ

個体のサイズによりますがベビーのうちは60㎝規格のケージ(60×30×36㎝)から始めると良いです。

あまり最初から大きなケージを用意するとケージ内を温めるのが大変ですし、生半可にスペースがあることで人に慣れにくくなります。(アダルトの時に人に慣れていないと目も当てられません。猛獣と化します。)

成長に合わせてケースはサイズアップしてください。

飼育者が狭いなと感じた時点で個体にとっても狭いです。よく動くので狭いと魅力も半減です。

最終的には最低でも180×60×60程度のケージが必要でしょう。

個体のサイズによってはもっと大きいものが必要です。いずれにせよ一部屋明け渡す覚悟が必要です。

そのサイズのケージになると市販されてはいないので自分で作るか、専用の業者に頼んで作ってもらいます。

検索するとたくさん作ってもらえるところがヒットするので、評価を見つつ自分に合った業者の方に作成を依頼しましょう。

【自作】オオトカゲのケージ!!大きさは?値段は?【オーダーメイド】
本当に知りたいオオトカゲのケージ -目次- ➀はじめに ➁ケージサイズについて 1.地表性オオトカゲ 2.樹上性オオト...
温度について

基本温度は27~32℃、バスキングスポット(日光浴する場所)は37~45℃と高めの温度に設定します。

ケージ内が小さいうちは暖突や保温球で基本温度は調節します。

ケージサイズが大きくなると保温が大変です。他にも生体を飼育している場合はいっそのこと部屋ごとエアコンで保温したほうが楽だと思います。

バスキングスポットにはバスキングライトを照射してあげてください。

ケースのサイズや生体との距離でワット数は決めます。

サイズが大きくなったらライトの数も増やして体全体が温められるようにしてください。そうしないと体が一向に温まりきらず局所的な低温火傷を彦起こす恐れがあります。

紫外線について

バスキングスポットに爬虫類用の紫外線ライトを当てます。

成長してしまえばそこまで気にしなくてもよいですが、特にベビーのうちは当ててやるのがいいでしょう。

紫外線ライトやバスキングライトの効果がわからない人はこちらを参考にどうぞ↓

【ホットスポット】爬虫類が日光浴するワケ&バスキングライトや紫外線ライトの話
目次 ①はじめに ②爬虫類が日光浴する3つの理由 体温上昇 紫外線 明るさ ③飼育下での日光...
湿度について

ケージ内は多湿に設定します。

特に入荷して間もないベビーの個体は体調が落ち着くまで壁面に水滴がつくぐらいの高湿度を保つと良いようです。

ただし、高湿度は保ちつつ通気性を確保するという原則には従ってください。

通常時に必要な明確な湿度の値は不明です。体全体が入る水容器を用意してある程度の湿度を保ち、たまに霧吹きをしてあげましょう。

水容器

水容器は水飲み場にも、トイレにもなるので常に清潔なものを用意してあげてください。

体全体が入り、呼吸がしにくくなるほどに深くないサイズのものを選ぶと良いです。

床材

ベビーのうちは湿らせたバークチップやヤシガラが良いです。

大きくなると掃除が追い付かないので人工芝などを敷くのがベターです。

エサ

コオロギ、ゴキブリ、ローチ類、冷凍うずらや冷凍マウス、エビ、砂肝やハツ、レバーなど。

マウスは肥満の大敵なのであまり与えないようにしてください。昆虫やウズラをメインのエサに据え砂肝やハツ、レバーで満腹にさせると良いです。

ベビーのうちは毎日食べるだけ与えますが大きくなったら餌を絞り週1回から2回の給仕にします。とにかく肥満にさせてはいけません!!

カルシウム剤

カルシウムを与えないと“クル病”という病気になってしまいます。

クル病は骨の形成がうまくされない病気であり、1回罹患すると治りませんし最悪の場合死に至る恐ろしい病です。

カルシウム剤にはカルシウムのほかにビタミンD3が含まれているのものもあり、含まれているものと含まれていないもの2つ用意する必要があります。

普段はビタミンが含まれていないものをエサにまぶして与え、たまにビタミンが含まれているものをまぶして与えるようにしてください。

※ビタミンD3の摂りすぎもクル病とよく似た症状を引き起こすことがあります。

③最後に(懐くのか、危険性などについて)

爬虫類は基本的に懐かない、慣れる。というのが定説です。

しかし、個人的にはミズオオトカゲは例外的に個体によっては懐くと言ってしまってもいいのではと思うことがあります。

結局は飼い主がどう思うか次第ですが、「ミズオオトカゲは懐くんだ!!」と私は半ば夢をもって主張したいです。

ただし、人に懐く、もしくは慣れる個体は一部です。

フルアダルトの個体を見たことがあるでしょうか?

想像以上に体は大きくなります。

動画サイトなどでは人慣れした個体がよく紹介されていますし、私たちの目に留まるのはそういった個体のみ。

しかし多くの個体はあそこまで慣れません、そのことをよく留意して飼育に臨んでください。

全長2mのオオトカゲ、奴らを甘く見ればモンスターの血が牙を見せることとなるでしょう。

少し怖いことを書きましたがミズオオトカゲはそれなりに頭もよくペットリザードにしては迫力があり、めちゃくちゃかっこいいです。

勇気を出して飼育するのであれば、しっかりと準備をして飼育にチャレンジしてみてください。

私はあなたたち挑戦者を心から応援しています。

④他のオオトカゲ記事を紹介

ミズオオトカゲと同様水辺が生活の拠点↓

危険なかっこよさ!!ナイルモニターの魅力と飼育方法・注意点/価格は?寿命は?
ナイルモニターの飼育方法 写真:サウリア守口店 ナイルモニターの紹介と魅力 今回紹介するのは、大人気!!だけど長期飼育の例をあまり...

地表性の人気オオトカゲ↓

初心者向けオオトカゲ?サバンナモニターの飼い方・注意点・価格や寿命
サバンナモニター 今回は、モニターつまりオオトカゲの中でも飼いやすく初心者向けといわれるサバンナモニターを紹介したいと思います。 ...

樹上性オオトカゲの金字塔↓

ツリーモニターの主な種類と飼育方法・ハンドリングについて
◆ツリーモニター◆ 写真:サウリア守口店 目次 ➀はじめに ➁主なツリーモニターの種類 1.エメラルドツリーモ...

オーストラリアのドワーフモニターの人気種↓

リッジテールモニターの魅力と飼育・繁殖方法/価格は?寿命は?大きさは?
◆リッジテールモニターの飼育方法◆ 目次 ➀リッジテールモニターの紹介と魅力  ・基本データ(大きさや価格など) ➁飼育環境の作...

樹上性小型オオトカゲ↓

小さくてもオオトカゲ!ピーコックモニターの魅力と飼育方法
ピーコックモニター 写真:サウリア守口店 今回紹介するのはオオトカゲの中でもかなり小型のオオトカゲ、ピーコックモニターです。...

〈参考〉ビバリウムガイドNo.33、海外サイト

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加