ドワーフモニターの紹介と主な種類/価格は?大きさは?

スポンサーリンク

ドワーフモニターの紹介と種類

目次

➀ドワーフモニターとは

➁主なドワーフモニターの種類
  1.リッジテールモニター
  2.ストーリーモニター
  3.キンバリーロックモニター
  4.ピルバラロックモニター
  5.フレックルモニター
  6.ピーコックモニター
  7.シミリスモニター
  8.チモールモニター

➂他のモニターの記事紹介
  1.ミズオオトカゲ
  2.ナイルモニター
  3.ツリーモニター
  4.サバンナモニター

①ドワーフモニターとは

ドワーフモニターとはオオトカゲ属ヒメオオトカゲ亜属に属する小さなオオトカゲたちのことを指します。

オオトカゲなのに小さい?!と矛盾を感じてしまいますが、見た目を見てもらえればわかる通り立派なオオトカゲの風貌をしています。

小さいながらもオオトカゲとしての魅力をしっかりと備えていますし、小さいからこその魅力も持ち合わせています。

「ドワーフモニターは大きなカナヘビ」なんていう輩もいますが、そんなものは戯言です!

オオトカゲの魅力を持ちながら、そう大きなケージは必要ない。

なんてすばらしいトカゲでしょう??

彼らの生息域は主にインドネシアとオーストラリア。

オーストラリアの爬虫類は値段が高めなのが常です。

そう、基本的にドワーフモニターは非常に貴重で高価なトカゲです。

飼育する場合、しっかりと準備して飼育するのはもちろんのこと、ぜひ繁殖を目指してほしい。

スポンサーリンク



②主なドワーフモニターの種類

1.リッジテールモニター


写真:サウリア守口店]

和名:トゲオオオトカゲ

学名Varanus acanthurus

英名:Spiny tailed monitor

全長:平均50cm、最大80㎝近く

価格:80000円前後

特徴:ボテッとした体形をしているため、ドワーフモニターの中では大きく見える。

世界中で殖やされているため、
オーストラリア産ドワーフモニターの中では最もポピュラー。
リッジテールモニターの魅力と飼育・繁殖方法/価格は?寿命は?大きさは?
◆リッジテールモニターの飼育方法◆ 目次 ➀リッジテールモニターの紹介と魅力  ・基本データ(大きさや価格など) ➁飼育環境の作...
2.ストーリーモニター


写真:サウリア守口店

和名:イワヒメオオトカゲ

学名Varanus storri

英名:Storr's Monitor

全長:平均30㎝、大きくても35㎝前後

価格:50000~70000円程度

特徴:小さいながらも太く存在感があります。

リッジテールモニターについで入手しやすい印象です。
3.キンバリーロックモニター


写真:サウリア守口店

和名:ホオスジイワバオオトカゲ

学名Varanus glauerti 

英名:Kimberley Rock Monitor

全長:最大全長80㎝程度

価格:20万円程度

特徴:ドワーフモニターの中では大型になるもののスラリとした体形が特徴的。

オレンジ色の斑紋が美しい。

入手が難しいドワーフモニターです。
4.ピルバラロックモニター


写真:サウリア守口店

和名:ピルバライワバオオトカゲ

学名:Varanus pilbarensis

英名:Pilbara Rock Monitor

全長:平均40cm程度、最大60㎝

価格:30万円以上

特徴:全身にはいるオレンジ色の斑紋や色彩がドワーフモニターの中で
際立って美しいが、流通量が非常に少なく、入手が難しい。

丈夫であまり物怖じしない。
5.フレックルモニター


写真:サウリア守口店

和名:シモフリシリトゲオオトカゲ

学名Varanus tristis orientalis

英名:Freckled Headed Monitor

全長:平均60㎝、最大80㎝

価格:10万~13万程度

特徴:ブラックヘッドモニターの亜種で、
あちらが黒いのに対し本種はライトグレーや茶褐色をしています。

大きさの割に細身の体型をしています。

基亜種と亜種両方を指す場合はトリスティスモニターと呼ぶ。
6.ピーコックモニター

和名:クジャクオオトカゲ

学名Varanus auffenbergi

英名:Auffenberg’s Monitar, Peacock Monitar

全長:60㎝程度

価格:15000~40000万円程度

特徴:インドネシアのロティ島に生息しており、入手は上記のモニターより容易。

樹上性で細身の体系をしています。

クジャクの和名が指す通り、全身に美しい斑紋模様が入ります。
小さくてもオオトカゲ!ピーコックモニターの魅力と飼育方法
ピーコックモニター 今回紹介するのはオオトカゲの中でもかなり小型のオオトカゲ、ピーコックモニターです。 臆病な性格の個体が多いですし...
7.シミリスモニター


写真:サウリア守口店

学名Varanus similis

英名:Similis Monitor

全長:60㎝程度

価格:20000~30000円前後

特徴:インドネシアやオーストラリア、パプアニューギニアにかけて生息しています。

青みがかった黒色に白の斑紋が入り美しいです。

入荷量は少なくなく入手が容易。
8.チモールモニター


写真:サウリア守口店

和名:ヨジリオオトカゲ

学名Varanus timorensis

英名:Timor Monitor

全長:60㎝程度

価格:15000~25000円前後

特徴:ピーコックモニターによく似たドワーフモニター。

ピッコックモニターやシミリスモニターより入手がしやすい印象です。

恐らくドワーフモニターの中で最も入手が容易でしょう。

チモールの名は生息しているインドネシアチモール島からつけられています。

③他のモニターの紹介記事

アジアが誇るミズオオトカゲについての記事です。

ミズオオトカゲの魅力と飼育・注意点/価格や寿命は?大きさは?懐くの?
ミズオオトカゲ 写真:サウリア守口店 目次 ➀ミズオオトカゲの紹介と魅力 ➁飼育環境の作り方 ➂最後に(懐くのか、...

アフリカに生息する半水生オオトカゲ、ナイルモニターについての記事です。

危険なかっこよさ!!ナイルモニターの魅力と飼育方法・注意点/価格は?寿命は?
ナイルモニターの飼育方法 写真:サウリア守口店 ナイルモニターの紹介と魅力 今回紹介するのは、大人気!!だけど長期飼育の例をあまり...

樹上性のオオトカゲ、ツリーモニター達についての記事です。

ツリーモニターの主な種類と飼育方法・ハンドリングについて
◆ツリーモニター◆ 写真:サウリア守口店 目次 ➀はじめに ➁主なツリーモニターの種類 1.エメラルドツリーモ...

地表性の人気オオトカゲ、サバンナモニターについての記事です。

初心者向けオオトカゲ?サバンナモニターの飼い方・注意点・価格や寿命
サバンナモニター 今回は、モニターつまりオオトカゲの中でも飼いやすく初心者向けといわれるサバンナモニターを紹介したいと思います。 ...

<参考>ビバリウムガイドNo.58 海外サイト

スポンサーリンク

フォローする!