【美麗ミズガメ】キボシイシガメの魅力と飼育方法/価格は?寿命は?屋外飼育は可能?

スポンサーリンク

キボシイシガメ


写真:サウリア守口店
-目次-

➀キボシイシガメの紹介と魅力

・基本データ(価格や寿命など)

➁飼育環境の作り方

➂屋外飼育は可能?

①キボシイシガメの紹介と魅力

今回はキボシイシガメについてです。

キボシイシガメの魅力はたくさんありますが、まずあげるとすればその美しさです。

甲羅や体に無数に入る黄色の点々が非常に美しく、『キボシ』の名に恥じない姿をしています。

クオリティーの高いものは値が張ります。自分の納得のいく個体を購入しましょう。

また、流通するキボシイシガメはCB(飼育下繁殖個体)が多いこともこれ魅力的ですね。WC(野生化採取個体)よりも、やはりあらゆる面で安心して飼育に臨むことができます。

最後に、丈夫で体が大きくならないことも魅力的なポイントでしょう。

北米原産ということで、ある程度の厳しい環境にも耐えますし、大きな水槽も必要とはしません。

そういった面で、初心者にかなりおすすめできるミズガメです!!

初心者におすすめのミシシッピニオイガメ↓

初心者におすすめ!かわいらしいミシシッピニオイガメの魅力と飼育方法/価格は?寿命は?混泳はできるの?
ミシシッピニオイガメ 写真:サウリア守口店 -目次- ➀ミシシッピニオイガメの魅力とは ・基本データ(価格や寿命など...
スポンサーリンク



-基本データ-


写真:サウリア守口店

学名Clemmys guttata

英名:Spotted tutle

分類:ヌマガメ科 ヌマガメ亜科 キボシイシガメ属

分布:カナダから北米東部

甲長:12㎝程度

寿命:30年前後

価格:20000~50000円前後

個体サイズやクオリティーにより上下します。

②飼育環境の作り方

  1. 水槽のサイズは?
  2. 適切な水深は?
  3. 水質について
  4. 温度はどれくらい?
  5. 紫外線はいるの?
  6. 陸場
  7. エサについて
1.水槽のサイズは?

カメはよく水を汚します。ベビーにとってそういった汚れは大きなダメージになるのでベビーのうちはプラケースに簡単な陸地と水場を設けてこまめに水替えを行うとよい。

アダルトになったら最低でも45㎝、理想は60㎝規格以上の大きさの水槽が良いでしょう。

2.適切な水深は?

プラケースで飼っているうちは甲長の倍ぐらいがいいでしょう。水深が浅い飼育環境から深い飼育環境に移されるとうまく泳げないことがあるので気を付けてください。

3.水質について

水質をきれいに保つため熱帯魚用のフィルターを使用すると良いです。

投げ込み式フィルター程度でも水流を作ることである程度は水質悪化を妨げることはできます。

ただ、ミズガメはかなり水を汚しますので生半可なフィルターではあまり効果を期待できないのも事実です。

使うとしても簡単なフィルターよりも外部フィルターなどのろ過能力が高いフィルターを使用したほうがベターです。

フィルターを使用しても無慈悲に水はドンドン汚れていきます。

個体サイズや水量にも寄りますが、週1回は水量の1/2程度水替えを行いましょう。

主な7種類網羅!ミズガメ&半水生トカゲ用フィルターの選び方/メリット・デメリットなど紹介
写真:サウリア守口店 -目次- ➀フィルターって何? ➁濾過方法の種類 1.物理濾過 2.生物濾過 ...

魚の飼育においては水にカルキ抜きを使うのが基本ですが、カメの飼育では必要ないと私は考えています。

ただ、フィルターを使用する場合はバクテリアを守るためにカルキ抜きを使用しましょう。

4.温度はどれくらい?

ベビーのうちは水温28℃ほどと少し高めに設定し成長を促しましょう。

水槽の場合は熱帯魚用のヒーターが使えますが小さなプラケースだと水量が少なく熱帯魚用のヒーターでは熱くなりすぎてしまいますので、パネルヒーターで温度を維持するようにします。

アダルトには26~27℃前後がちょうどよいです。

アダルトになれば水槽を使用すると思うので熱帯魚用のヒーターを使いましょう。

カメがヒーターを噛まないようにカバー付きのものだと安心です。

水替えの際に急に水温の違いすぎる水を入れると急激に弱ってしまうので水温はある程度合わせてから入れてあげてください。

また、カメは日光浴が好きなのでバスキングライトを陸地に当てます。

5.紫外線はいるの?

バスキングスポットに爬虫類用の紫外線ライトを当てます。

そう紫外線に対してうるさい種類ではないですが当てなければ、歪な甲羅に成長してしまうので必ず紫外線を照射してあげましょう。

6.陸場

流木、レンガ、岩、ミズガメ用の浮島などなんでもよいので設けてください。

7.エサについて

レプトミンなど市販のミズガメ用のエサでOKです。

たまに偏った種類のエサやメーカーのエサしか食べない個体がいるのでショップで購入の際には何を食べていたか聞いてから購入するようにしてください。

③屋外飼育は可能?

健康的なアダルトでしたら屋外での飼育が可能になります!

市販のプラ船に水と陸場を設けて飼育しましょう。

この際にネコやカラス対策にバーベキュー用のフタとオモシで蓋を絶対にしてください。

そして、豪雨の際には雨で容器がいっぱいになってしまうこともあるので側面に穴をあけてやり増水した時に排水されるようにしてください。

また日差しで熱くなりすぎないように半分は日陰になるようにしてあげましょう。

冬場は水面が凍らなかったらそのまま冬眠させることも可能です。

〈参考〉

ビバリウムガイドNo.60

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加